第29回日本エイズ学会学術集会・総会

会長挨拶

第29回日本エイズ学会学術集会・総会 参加者の皆様

第29回日本エイズ学会学術集会・総会 会長 岡 慎一

 日本エイズ学会を代表し、第29回日本エイズ学会学術集会・総会へのご参加を歓迎いたします。本学会は、平成27年11月29日(日曜日)午後は国立国際医療研究センター(NCGM)にて、11月30日(月曜日)と12月1日(火曜日)の2日間は東京ドームホテルにて開催します。
 今回の学会のテーマは、「予防、予防、予防、そして予防」です。この15年間、治療の進歩がエイズ研究を牽引してきましたが、今回、予防というkey wordに注目しました。予防研究には幅広い領域があります。ワクチンなど免疫を駆使しての予防のための基礎研究は止めるわけにはいきません(基礎)。早期発見・早期治療でのエイズ発症予防も重要です(臨床)。予防啓蒙活動の重要性は、今も昔も変わりません(社会)。そして、予防としての治療いう概念が定着し、感染拡大の予防(公衆衛生)の重要性も強調されてきています。今回この4つの予防を軸に、研究成果を議論したいと思います。
 11月29日(日曜日)夕方のオープニングセッションは、英語での講演になりますが、一般公開の形でNCGMにて開催します。Aron Diamond AIDS Research Center, CEOのDavid D. Ho博士とLancet, Executive Editor のStuart Spencer氏にオープニングレクチャーをお願いしています。多数のご参加をお待ちしています。
 11月30日(月曜日)からは、通常の学会として開催します。予防という大きなテーマのもと、今年は、今までの基礎・臨床・社会の3つの部門に加え、国際という部門を設けました。感染拡大を阻止することによるエイズなき次の世代を目指した世界の流れは、日本に比べ、はるかに強いものがあります。事実、多くの国ではその成果が現れ、新規感染者が激減してきています。その事実を日本のエイズ学会員にも是非知ってもらいたいと考えています。この部門は、多くの国の現状を討議できるよう英語で行う予定です。Plenary Lectureは、Gilead社CEOでテノフォビル開発者のJohn C. Martin博士にお願いしています。
 学会においては、一般演題こそが最も大事だと確信しています。その充実無くしては学会の成功はあり得ません。今回、一般演題の中から、肝炎、HAND、創薬、検査、血友病に関する演題を要望演題として取り上げ、基礎・臨床・社会の垣根を無くし、一緒に討議できればと考えています。この学会を通じて、HIV感染症に対する治療が進歩し、感染者にとってのよりよい社会の実現に一歩でも近づけることを願っています。多くの学会員のご参加と熱心なご討議を期待しています。

第29回日本エイズ学会学術集会・総会 会長
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター長
岡 慎一

このサイトについて|Copyright © 2015 第29回日本エイズ学会学術集会・総会 All Rights Reserved.